(株) 公文教育研究会 学習療法センター

脳科学理論に基づく認知症の維持・改善、予防のための非薬物療法

展示会 第3回 地域包括ケア EXPO [大阪] 小間番号 24-41
出展社HP http://www.kumon-lt.co.jp/ 国名 日本

学習療法教材

「学習療法」は、音読・計算、コミュニケーションにより、脳の活性化を促し、認知症の維持・改善をはかる非薬物療法です。
「脳の健康教室」は、地域に暮らすシニア世代の認知症予防のための教室です。
  • 実機/デモ

脳の健康教室教材

脳科学理論に基づき開発された認知症予防目的の専用教材です。教室は週1回のペースで開かれ、教室では読み書き・計算の学習とともに、受講者同士や教室サポーターとのコミュニケーションを通し意欲をはぐくみます。
  • 実機/デモ

すうじ盤(100)

学習療法や脳の健康教室で、教材とともに行う数字の駒並べの教具です。ゲーム性もあり、前頭前野の活性化だけでなく、眼球運動や手指の運動にもなります。すうじ盤50、30もあり、学習者のレベルに応じて使用します。
  • 実機/デモ

学習療法の学習風景

学習者2人に対して1人の支援者が行います。1回の学習時間は20~30分程度。支援者は学習者を「ほめる、認める」ことで学習者の自信や誇りが生まれます。学習後の楽しいコミュニケーションでは笑顔がこぼれます。

脳の健康教室風景

学習日は週1回、開講期間は5~6か月が標準です。学習は教室サポーター1名に対し受講者2名の1対2の形で行います。教室のない日は家庭で宿題を行います。受講者同士、サポーターとの交流も楽しみのひとつです。
印刷する    閉じる